私は務改善をできなかった職場は嫌でした!

業務改善をできなかった職場は嫌でした

私が転職をしたいと思った時、なかなかできなかったことを、今でも辛かったと思っています。人は辞めたいと思った時には、その職場ではたらくことが辛くなります。
そしていつまでに辞めたいと希望を出したとしても、なかなかやめらせてくれないという、事業所の理由もわかるのです。
しかし、その辞めたいという気持ちをなんとかつなぎ止めようとする、そのやり方は辛く、そのことを思った時、それならもっと早く対策をとって欲しかったと思ったりしたものでした。考えてみみて!!自分が何を求めるか!!

 

私がその病院を辞めたいと思った時は、残業が多く体力が限界と感じたからです。そして私としても、そのことについてできる限りのことを、提案をしてきたつもりです。
まず、早く帰宅することができるように、業務改善をすることを提案をしました。しかし、そのことについて、私以外のスタッフも賛成をしていたにも関わらず、上司だけが賛成をしてくれなかったのです。

 

そのため、業務改善をしたいと思っても、その提案についてやってみる、実施しようという空気はなく、投げやりな職場であったと思っています。
すると、そこでなんとか頑張りたいと思っていた気持ちも、だんだんと薄れてきて、とうとう辞めたいという結論にたっすることになりました。
すると、やめられたら困ると思って、その時にいきなり、その提案について理解をしめるようになったのです。しかし、私の気持ちは、辞めたいという気持ちに一度なったら、とめることができずに辞職をすることにしました。

 

そこでは、多分、尊敬できる上司と一緒に働きたいと思っていたと感じます。職場の中では、人として認めてもらうことでやる気を持って、はたらくことができるのです。そのことが少なかった職場は、転職という選択肢をとって、本当に良かったと思っています。
その後は、次の職場でどんどんと意見を取り入れてもらうことができたので、転職先に感謝しているところです。
看護師転職3