看護師さんの転職体験を集めたサイト

転職相談は同じ職場の人にするべからず

看護師転職1
看護師の転職にとって有益な情報は、やっぱり同じく看護師が持っていたりもしますね。ですから、転職を思い立った際には、相談先としてはまずはやっぱり看護学校時代の同期生だったりするのです。もしくは、以前勤めていた職場の先輩ないし同僚ですとか。

 

今でも交流のある看護師さんは、やっぱり転職の際に強い味方になったりしますね。やはり、中に入り込んで働いていることによって、職場のイメージが如実に伝わってきますから。メールのひとこと、ふたこと程度のコメントからでも、ピンと来るものがありますからね。

 

まあ、今現在の職場の同僚看護師さんも、転職先に関する情報は多分に持っていることでしょうけれど、けれどもいざ転職を考えたときに、相談する相手としてはちょっと違ったりはしますね…。

 

今現在の職場の看護師さんは、よっぽど心を許している相手ならばいいのですけれど、いくら話やすくっても、毎日顔をあわせている程度の間柄でしたら、瞬く間に「○○さん病院辞めたいんだってー」という情報が影で広まることとなりかねず、そして離職をこころよく思わない職員によって、辛辣な態度をとられたりすることにもなりかねませんからね。

 

そうなってしまいますと、実際に転職をするまでは針のむしろ状態ですよ。しかも転職先を決める前の段階にて、情報がまわってしまった場合は、もう3ヶ月前どことか前倒して辞めていきたいぐらいの環境になるケースもありますからね…。

 

男性看護師も増えたとはいえ、まだまだ看護師の職場は女性中心の職場ですから、ウワサは瞬く間に広まりやすく、そしてストレートに不機嫌さが表れてくる職場だったりしますからね。「仕事と私情はべつ」ですとか、「感情を仕事には持ち込まない」などと、役職がつくクラスになると言う人もいますけれど、ハッキリ言ってできていない人が大半ですから、転職相談をするのならば、同じ職場の人は避けるにこしたことはありませんので。

転職して驚いた、試用期間で本当に首をきってしまう病院

以前に転職をした先は個人病院でしたが、個人病院の転職、採用というのはとても厳しいものだと思い知らされました。就職を決める時から、その個人病院の求人情報は常に出されているし、看護師もそれだけ不足をしている状態が続いている。しかし、個人病院の経営も厳しいから、能力の低い看護師を雇うことはできない、給料を払う分しっかり働いてもらうということを言われていました。そのため就職はするけれど、試用期間として3カ月設けていると説明を受けたのです。

 

これまでの経験では総合病院だけだったので、仕事ができる看護師もできない看護師もそれなりに指導をしてもらいながら、看護師として成長し、給料も同額もらえるような病院でした。しかし個人病院の場合はそうではないことを初めて知りました。

 

始めに3か月間は看護師としてどの程度能力があるか、見極めるといわれていたので、ドキドキしていましたが、3カ月の試用期間の間に2か所の病棟を回り、いろいろな病院のやり方また技術を学びました。初めての科で新しいことを学ぶことも色々な経験ができることも、とても楽しかったです。またもっと経験を積んでいきたいという気にもなりました。
看護師転職2
同じ時期に中途採用で他の看護師もいたのですが、この方はブランクが長く経験が少ないとのことで、病院のやり方についていくだけで精一杯だったようです。なかなか仕事も覚えられず苦労をされていましたが、それでも3カ月一生懸命働いていたと思います。しかし残念ながら、この方は試用期間が終わる日に、やめるよう病院から通達されたといいます。

 

この時にこの病院は本当に経営に厳しいし、人件費を払う対価として高い看護能力を求めているとわかりました。転職をするまで需要が多い看護業界と感じていましたが、今回の転職を経験してみて一概にそうとも言えないと感じた瞬間でした。

もう正社員にこだわらない!バイトでも良いかも!!

辛い時、ふとある看護師さんをみるとアルバイトで結構呑気にストレスなくやってるのを見て。。。
あーもう正社員にこだわらないで、アルバイトでいいかなーと思う気持ちも大切だと思っています。

 

やっぱり色々あるし、せっかく給料や時給の良い資格を取得したんだから、しっかり活用しないとストレスで潰れる時もあると思う。
こういった看護師 バイトサイトで求人や転職たくさんあるし、それだけ需要もたくさんあるって事かなって思う。